生命医療工学科では平成30年7月1日か15日にかけて、国立研究開発法人科学技 術振興機構(JST)が実施する「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」(以 下「さくらサイエンスプラン」という。)の共同研究活動コースにより、台湾国 立清華大学から大学院生1名を招へいしました。その活動レポートが下記のホー ムページに掲載されています。また、本活動につきまして、「週刊文教ニュー ス」の 12月10日発行第2525号でも紹介されました。

本学での国際共同研究活動についてご興味のある方はご覧ください。

ホームページのURL
https://ssp.jst.go.jp/report2018/k_vol029.html

2018年11月16日、生命医療工学科(旧生体医工学科)卒業生で、臨床工学技士としてご活躍されている高橋史織さん、劉本千晶さん2名による講演会が開かれました。当学科では臨床工学士になるための臨床工学コースを設置しており、多くの学生たちが先輩2名の話を聞くために集まりました。なぜ臨床工学士になろうと思ったのか、勉強で大変だったこと、病院での仕事のやりがいなど、先輩から後輩への貴重な経験談をお話し頂きました。話を聞いた多くの学生たちの励みになったと思います。目標に向けて頑張りましょう!

会場全景 講演風景

2018年11月26日に開催されたOUSフォーラム2018(岡山プラザホテル)にて、生命医療工学科および大学院生体医工学専攻の学生たちが発表しました。生命医療工学科の研究室からは医療、環境、バイオテクノロジー分野で計13件の発表がありました。修士2年の長島諒 君(岩井研究室)は優秀な研究発表に対し送られる奨励賞を受賞しました。「生体内組織形成術を用いて作製した再生医療用生体組織片の脱細胞化と評価」と題し、血管や心臓弁などの再生医療に用いる立体的な組織体の開発について発表しました。受賞者の長島君から一言「研究成果が高く評価され嬉しく思います。特に、獣医学部の先生方から本技術の動物再生医療への応用が高く期待できるとのコメントをいただき、大変励みになりました。ご期待にお応えできるよう、残りの学生生活の間にさらに研究を発展させたいと思います。」
ますます頑張ってください!

 OUSフォーラム1OUSフォーラム2OUSフォーラム3

今週28日、29日の土日にオープンキャンパスが開催されます。 生命医療工学科では学科イベントで様々な医療技術や研究技術の体験を行っています。 例えば、超音波診断装置を使って見えないものを当てるクイズや医療用マネキンを使った心肺蘇生、DNAの抽出や血液浄化装置の実演、クリーンベンチを使った細胞培養技術などなど。普段見たり触ったりすることのできない機器を使って、学科で行っている教育や研究を実際に体験することができます。詳しくはC1号館1階の学科ブースにお立ち寄りください。お待ちしています!

写真1(超音波診断) 写真2(細胞培養)
写真1 超音波診断装置でゼリーの中身を診断 写真2 クリーンベンチに座って細胞培養を体験
(写真は6月オープンキャンパスの様子)

 

進路情報(過去の就職先)を更新しました。

2018/5/23日に学科の新入生交流会をA1号館11階ラウンジで開催しました。大学で一番高く見晴らしが良い会場ですが、あいにくの雨で遠くまで見渡すことができませんでした。雨のせいもあり、参加者も例年より少なかったようですが、入学してから不安な日々もあったと思いますが、皆楽しい時間を過ごしました。

DSC_0023P_20180523_183042DSC_002020180523matsuura

キャンパスライフをわかりやすくしました。

履修モデルの内容を更新しました。

カリキュラムの内容を更新しました。

出身校一覧免許・資格情報過去の卒業論文学科へのアクセス出張講義企業技術者人材育成事業の内容を更新しました。

PAGE TOP

生命医療工学科ホーム学科紹介カリキュラム研究紹介進路情報免許・資格情報入試・入学情報学生生活大学院紹介

岡山理科大学 工学部 生命医療工学科
〒700-0005 岡山県岡山市北区理大町1-1メールアドレス

Copyright (c) Department of Biomedical Engineering, Faculty of Engineering, Okayama University of Science. All Rights Reserved.