1. ホーム > 
  2. 研究紹介 > 
  3. 再生医療工学研究室

本文のみプリント

研究紹介

研究室紹介-再生医療工学研究室

iPS cellsES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞を用いた再生医療は臓器移植に代わる新しい移植医療として注目されています。しかしながら高い治療効果を得るためには、機能的に成熟した高機能な細胞材料を用いる必要があります。細胞の機能とは組織ごとに異なる遺伝子発現、たんぱく質発現により発揮されます。高い機能を引き出す分化誘導法、培養法、遺伝子発現調節を駆使してより良い細胞材料の開発を目指します。また、癌の悪性化のメカニズムを研究し、それを防ぐような遺伝子の働きについて研究しています。

研究内容

  • 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた機能性細胞材料の開発
  • ビタミンA(レチノイド)の癌抑制効果の研究
  • その他

メンバー

神吉 けい太,准教授
6号館2F, kkanki@bme.ous.ac.jp,(内)4583

注:自動スキャン防止のために,メールアドレスの一部を全角文字で表示してあります。 半角文字で打ち直してご使用下さい。

部屋・機器

再生工学実験室1 6号館2F
  • クリーンベンチ
  • 安全キャビネット
  • CO2インキュベーター
  • オートクレーブ
  • DNA電気泳動装置
  • タンパク電気泳動装置

最近の主な研究成果

【学術雑誌論文】

  • 1. Activation of AMP-activated protein kinase by retinoic acid sensitizes hepatocellular carcinoma cells to apoptosis induced by sorafenib. Ishijima N, Kanki K, Shimizu H, Shiota G. Cancer Science 106, 567-575, 2015
  • 2. Retinoids and their target genes in liver functions and diseases. Shiota G, Kanki K. Journal of Gastroenterology and Hepatology 28 Suppl 1, 33-7, 2013
  • 3. Biological and clinical implications of retinoic acid-responsive genes in human hepatocellular carcinoma cells. Kanki K, Akechi Y, Ueda C, Tsuchiya H, Shimizu H, Ishijima N, Toriguchi K, Hatano E, Endo K, Hirooka Y, Shiota G. Journal of Hepatology 59, 1037-1044, 2013
  • 4. Identification of the genes chemosensitizing hepatocellular carcinoma cells to interferon-α/5-fluorouracil and their clinical significance. Sakabe T, Tsuchiya H, Kanki K, Azumi J, Gonda K, Mizuta Y, Yamada D, Wada H, Shomori K, Nagano H, Shiota G. PLoS One 8(2):e56197, 2013
  • 5. The nucleocapsid protein of measles virus blocks host interferon response. Takayama I, Sato H, Watanabe A, Omi-Furutani M, Sugai A, Kanki K, Yoneda M, Kai C. Virology 424, 45-55, 2012
  • 6. c-Jun N-terminal kinase activation by oxidative stress suppresses retinoid signaling through proteasomal degradation of retinoic acid receptor α protein in hepatic cells. Hoshikawa Y, Kanki K, Ashla AA, Arakaki Y, Azumi J, Yasui T, Tezuka Y, Matsumi Y, Tsuchiya H, Kurimasa A, Hisatome I, Hirano T, Fujimoto J, Kagechika H, Shomori K, Ito H, Shiota G. Cancer Science 102, 934-941, 2011

お問い合わせ・資料請求

パンフレットご用意しています!

  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • 生命医療工学科
    メールアドレス
  • 岡山理科大学 入試広報部
    岡山理科大学入試広報部の連絡先
PAGE TOP

生命医療工学科ホーム学科紹介カリキュラム研究紹介進路情報免許・資格情報入試・入学情報学生生活大学院紹介

岡山理科大学 工学部 生命医療工学科
〒700-0005 岡山県岡山市北区理大町1-1メールアドレス

Copyright (c) Department of Biomedical Engineering, Faculty of Engineering, Okayama University of Science. All Rights Reserved.