1. ホーム > 
  2. 研究紹介 > 
  3. 遺伝子・分子生物学研究室

本文のみプリント

研究紹介

研究室紹介-遺伝子・分子生物学研究室

genetic動物、植物、微生物の生命現象を分子レベルで調べ、特にこれら生体内での遺伝子および酵素の働きを解き明かすための研究を行います。生き物の固有の特徴となっているさまざまな形質は、細胞内にある染色体(遺伝子)に設計図が書かれています。しかし、これら遺伝子がどのように発現し制御されているのか、また遺伝子によって作られるタンパク質の機能はまだ分かっていないことが非常に多く残っています。私達の研究室では微生物をモデルとして、人と微生物の関わりをテーマにしています。医療関連分野と理工学分野の橋渡し役になる人材育成を目的としています。

研究内容 

  • 環境ホルモン・発がん物質の分解酵素遺伝子の新規発見とその技術応用
  • 人の腸内の乳酸菌が持つ免疫機能を高めるメカニズムの解明
  • 植物の成長に磁場が与える影響について
  • 発がん物質への応答性遺伝子の研究
  • 臨床検査酵素のタンパク質工学的改変

メンバー

八田 貴,教授

NEW 個人ホームページ ,

重要 試験範囲2017
27号館3F, thatta@bme.ous.ac.jp,086-256-9515,(内)6737

注:自動スキャン防止のために,メールアドレスの一部を全角文字で表示してあります。 半角文字で打ち直してご使用下さい。

  • 分子生物学試験範囲 2016

• 核酸であるDNAとRNA, その構成成分 両者の相違点は

• DNAには方向がある、方向を決めるものは何か?

• PCR法について、原理を図に書いて説明/その検査の応用例

• DNAの複製を図に書いて説明できるように

• 20種のアミノ酸の構造 /疎水性、親水性等 構造が書けること

• 遺伝子の変異について、(どのような変異があるか?)

• 遺伝子変異による疾患 鎌状赤血球貧血になるのは遺伝子レベル/アミノ酸レベルでどのような変異が生じるのか?• 組み換えDNA技術において基礎となる重要な発見を3つ

• 組み換えDNA技術/基本的な使い道。組み換えDNA技術/使われる酵素

• モル計算 ・ DNAからタンパク質が作られる過程、(転写・翻訳) ・ 翻訳については、 図に書き、説明できるようにしておくこと

• その他 授業で見たビデオについて。

• (遺伝子治療/腸の疾患の子供の病気について。)

• (肺がんの女性の治療について。)

• (耐塩性植物) (組換えカイコが作るもの)

• (オートファジー、2016年度 医学・生理学賞)

部屋(内線)・機器

遺伝子・分子生物学実験室1 27号館3F 307  
遺伝子・分子生物学実験室2 27号館3F 317 (内)6737
  • 遺伝子解析システム(ALOKA)
  • DNAシーケンサー(ABI)
  • GC-MS(ヒューレットパッカード)
  • PCR遺伝子増幅装置(Bio-Rad)
  • リアルタイム-PCRシステム(ABI)
  • 遺伝子導入システム(Bio-Rad)
  • フレンチプレス(細胞破砕装置)(AMINCO)
  • FPLC/Bio-Pilot酵素精製システム(アマシャム)
  • 高速液体クロマトグラフィー(ウォーターズ)
  • 振とう培養装置(タイテック)
  • ゲルイメージアナライザー(アマシャム)
  • 超遠心分離装置(ベックマン)

最近の主な研究成果

【学術雑誌論文】

  • Complete genome sequence of the thermophilic PCB degrader Geobacillus sp. JF8 (NBRC 109937) Masaki Shintani, Yoshiyuki Ohtsubo, Kohei Fukuda, Akira Hosoyama, Shoko Ohji, Atsushi Yamazoe, Nobuyuki Fujita, Yuji Nagata, Masataka Tsuda, Takashi Hatta, and Kazuhide Kimbara, Genome Announc. 2014
  • Complete Genome Sequence of Ralstonia pickettii DTP0602, a 2,4,6-Trichlorophenol Degrader. Yoshiyuki Ohtsubo, Nobuyuki Fujita, Yuji Nagata, Masataka Tsuda, Tomohiro Iwasaki, Takashi Hatta, Genome Announc. , 1(6) e00903-13 2013
  • The regulatory mechanism of 2,4,6-trichlorophenol catabolic operon expression by HadR in Ralstonia pickettii DTP0602. Hideto Torii, Azumi Machida, Hirofumi Hara, Takashi Hatta, and Noboru Takizawa,Microbiology April 2013 159:665-677
  • Analysis of two gene clusters involved in 2,4,6-trichlorophenol degradation by Ralstonia pickettii DTP0602. Takashi Hatta, Eiji Fujii, Biosci. Biotechnol. Biochem.;76 (5) 892-899 2012
  • Crystallization and preliminary crystallographic analysis of maganese(II)-dependent 2,3-dihydroxybiphenyl 1,2-dioxygenase from Bacillus sp. JF8, Miki Senda, Takashi Hatta, Kazuhide Kimbara and Toshiya Senda Acta Cryst. F66, 282–285, 2010
  • Effect of HadE on Chlorophenol Monooxygenase from Ralstonia pickettii. T.Hatta, M.Iwamoto, T.Yonehara and M.Shimura,Bull. Res. Inst. of Tech., Okayama Univ. of Sci., 25, 34-38, 2007
  • bph genes of the thermophilic PCB degrader, Bacillus sp. JF8: characterization of the divergent ring-hydroxylating dioxygenase and hydrolase genes upstream of the Mn-dependent BphC.Mukerjee-Dhar G., M.Shimura, D.Miyazawa, K.Kimbara and T.Hatta, Microbiology, 151, 4139-4151, 2005
  • Prophenol oxidase A3 in Drosophila melanogaster: activation and the PCR-based cDNA sequence. Asada N, Yokoyama G, Kawamoto N, Norioka S, Hatta T. Biochem. Genet. Jun;41(5-6):151-163. 2003
  • Characterization of a Novel Thermostable Mn (II)-dependent 2,3-Dihydroxybiphenyl 1,2-Dioxygenase from a Polychlorinated Biphenyl- and Naphthalene-degrading Bacillus sp. JF8., T.Hatta, G.M.-Dhar, J.Damborsky, H.Kiyohara, K.Kimbara,J. Biol. Chem., 278 (24) 21483-21492, 2003
  • Crystal structure of 2-hydroxyl-6-oxo-6-phenylhexa-2,4-dienoic acid (HPDA) hydrolase (BphD enzyme) from the Rhodococcus sp. strain RHA1 of the PCB degradation pathway. N. Nandhagopal, A. Yamada , T. Hatta , E. Masai , M. Fukuda, Y. Mitsui , T. Senda, J. Mol. Biol. 2001 309 (5) 1139-1151

【特許】

<Europian Patent>

  • 曽我部敦、岡正則、稲垣賢二、八田貴、西瀬弘, 「新規なグリセロールキナーゼ、該遺伝子及び該を用いたグリセロールキナーゼの製造法」特開2004-121234, 2004
  • A. Sogabe, M. Oka, T. Hatta and K. Inagaki: Novel Glycerol Kinase, Gene Thereof and Process for Process for Producing the Glycerol Kinase by Using the Gege.? 1538211(登録2009.03.04)欧州
  • A. Sogabe, M. Oka, T. Hatta and K. Inagaki: Glycerol kinase, which has high resistance against preservative. 7618800(登録2009.11.17)米国

【国際会議発表】

  • Takashi Hatta, Suguru Tanaka, and Hirofumi Hara: 3-Oxoadipate Degradation Gene Clusters in 2,4,6-Trichlorophenol-Degrading Ralstonia pickettii DTP0602.15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS 2012) (Daegu, Korea) (2012)9.16-21
  • Hideto Torii, Hirofumi Hara, Hirotaka Yabe, Noboru Takizawa, and Takashi Hatta : Regulatory System of 2,4,6-Trichlorophenol Degradation Genes Expression inc Ralstonia pickettii Strain DTP0602. The 4th Congress of European Microbiologists, FEMS 2011 (Geneva, Switzerland) (2011) June 26-30
  • T.Hatta, T.Yonehara, M.Iwamoto and N.Takizawa, Characterization of chlorophenol monooxygenase from 2,4,6-trichlorophenol degrader Ralstonia pickettii DTP 0602, 8th Biennial Symposium International Society of Environmental Boitechnol (ISEB) (Leipzig, Germany), 2006
  • Y.Akai, M.Senda, K.Sugimoto, T.Hatta, K.Kimbara, M.Fukuda and Toshiya Senda, Crystal structures of extradiol type dioxygenases – Comparison of reaction intermediate structures and their implications, The 14th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience The 50th Anniversary of Oxygenases – Advances and Reflections – (Kyoto, Japan), 2006
  • T.Hatta, S.Mabuchi, H.Ito, T.Yonehara, S.Kusuda, H.Kiyohara and N.Takizawa, Regulatory gene involved in the degradation of 2,4,6-trichlorophenol in Ralstonia pickettii DTP0602, 7th Biennial Symposium International Society of Environmental Boitechnol (ISEB) (Chicago, USA), 2004

お問い合わせ・資料請求

パンフレットご用意しています!

  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • パンフレットをダウンロードしてください。
  • 生命医療工学科
    メールアドレス
  • 岡山理科大学 入試広報部
    岡山理科大学入試広報部の連絡先
PAGE TOP

生命医療工学科ホーム学科紹介カリキュラム研究紹介進路情報免許・資格情報入試・入学情報学生生活大学院紹介

岡山理科大学 工学部 生命医療工学科
〒700-0005 岡山県岡山市北区理大町1-1メールアドレス

Copyright (c) Department of Biomedical Engineering, Faculty of Engineering, Okayama University of Science. All Rights Reserved.